何らかの原因により歯を失った場合、ブリッジや部分入れ歯など欠損箇所を補う方法がありますが、部分入れ歯の場合は歯を削らずに装着できる反面、バネにより他の歯に負担がかかるケースが散見されるというデメリットがあります。

ブリッジの場合は、健康な歯を橋渡し的に固定して歯の欠損箇所を補う治療法であり、違和感が少ないという利点がありますが、健康な歯を削るというデメリットがあります。

インプラントは顎骨に直接埋め込むため、ご自身の歯同然に日常生活を送ることが可能である上、強度も審美的にも優れていることから治療を希望される方が増加傾向にあります。

当院は堺市内の歯科医院の中でも早くよりインプラント治療を導入し、堺駅すぐという立地であることから様々な地域から多くの患者様が通院されていらっしゃいます。

医療法人優暉会