親知らずを抜歯するか、しないかは、歯科医院によっても違います。
親知らずが真っ直ぐに生えていて歯肉が腫れたりせず、かみ合わせにも問題がなく、虫歯がない場合には、抜く必要はありません。
しかし、一旦虫歯になった場合や歯肉が腫れて痛みが出るような場合には、放っておいても再発しますし、周囲の歯にも悪影響を及ぼすため、抜歯するのが賢明です。

当院では、埋まっている親知らずや斜めに生えた親知らずの治療にも対応しています。
CT画像で親知らずの生え方や神経の位置などを考慮し、安全に抜歯することができます。親知らずは、かなり骨の中に埋まっている場合もあり、その抜歯は、他の歯の抜歯とは違いがあります。
親知らずの抜歯は口腔外科でしてください。

堺市、堺駅近辺にお住まいで親知らずが痛む方は、当院へご相談ください。

医療法人優暉会